遊戯王オンライン 行動計画 デッキレシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドラガンスリング 1周目 10連勝以上達成者 デッキ分布&考察

        dawda.jpg





ガンスリング2周目への参考にどうぞ。




【 10連勝以上達成した回数 】



35回

剣闘獣
 
29回

パーデク ★新デッキ
 
22回

ガジェット 

19回

帝 

17回

IF ★新デッキ

16回

ライトロード

15回

光デュアル 

10回

光デュアル以外のメタビ-ト(次元、苦痛ワンフー等)

7回 

デブダン 

4回  

ZERO(融合型)、ガイア、レダメ、墓守 

2回

天使、アンデット、シモッチバーン 

1回

終焉、フレムベル、BF、サクリ、デュアル、ロックバーン、デッキタイプ不明 








以下考察というか感想




 達成回数は剣闘獣が堂々の1位にランクイン。弾圧の制限、パーデクに対しての
意識はもちろん、他のデッキとも対等に戦えるのが強みですね。
出てからだいぶ経つので、安心して使えるという事も使用率に影響していると思います。
ミラーの事も考えて、次元剣闘獣にしている人は少なかったです。


 次が問題児のパーデク。メタって行ったのに思ったより使用者が少ないとか、
事故りやすいから微妙といった声もありますが、分布のとおりパーデクを
使い続けて結果を残している人は大勢いました。



 その次がガジェット。これはメタビートと、帝に相性がいいので選ばれているのだと思います。
帝の打点を超えられるマシンナーズフォートレスの登場も大きいです。

 除去カードの多さから、パーデクも弾切れにさせれる時もまれにあります。
速度アップ目的と、パーデク対策で歯車街と古代の機械巨竜を入れている人が多く居ました。



 パーデクほどでないにせよ、同じ新デッキであるインフェルニティも上位にランクインしました。
プレイングが結構複雑なので、その調整が済んだ人が増えればもう少し使用率は上がると思います。
まだまだこのデッキを完全に信用して使っている人は多くないんだなと感じたガンスでした。



 帝とライトロードは相変わらず人気です。
特にライトロードは海外のプレイヤーが多く使っており、
帝も前環境で猛威をふるったので、その名残で使用者も多いです。

 ログを見ていると、DDクロウの採用率が明らかに減っていると感じたので、
どちらにも刺さるDDクロウ採用率減少の影響もあると思います。 



 光デュアルもメタビートに含めると、パーデクの次に多い25回になります。
カエル帝でハンデスされてバックのカードを根こそぎ落とされる心配がなくなったのと、
上位の剣闘獣、パーデク、IFをあわせると81回にも及ぶので刺さらないことのほうが少ないからです。

 前シーズンのカエル帝環境では微妙だったライオウがここに来て輝きを見せています。
メタビ系のデッキならライオウは投入必須。



 とても興味深かったのが、10連勝以上達成者の中でBFが1回のみ。
もはや影が薄すぎますね。前環境では上位にランクインしていたでしょうし、
現環境でもそこまで弱くはないと思いますけどね。







アイドラガンス その3 BF

bfbf.jpg


死霊
サイドラ
ゴーズ
ライオウx3
ゲイル
ブラストx3
シロッコx3
ブリザード
シュラx3
カルートx2
ヴァーユ

大嵐
サイク
月書x3
誘惑
旋風

神宣
ミラフォ
激流
弾圧
奈落x2
ダスト
ゴトバx2
賄賂
幽閉x3



フォート
ダクエン
ブリュ
カタス
ギガン
スタダ
レモン
ゴヨウ
マジアン
ブラックローズ
アーマードW
アームズW
シルバーW
ブラックフェザーD




今回のガンスでわりと安定して勝てているデッキの素材を置いておきます。
BFでも問題なく7連いけます。


ガンス前半戦が終了したら、今回のガンスについての考察を書いてみたいと思います。


アイドラガンス その2 インフェルニティ

sasd.jpg


死霊
ネクガ
ダグレx3
キャリア
IFデーモンx3
IFネクロx3
IFミラージュx3
IFビートルx3

手札抹殺
大嵐
サイク
ハリケ
おろか
増援
誘惑
ワンフォ
IFガン

神宣
ミラフォ
リビング
奈落x2
ダスト
天罰
IFブレイクx2
IFインフェルノx3



ブリュ
ミストWx2
カタストル
ガイアナイト
ギガン
スタダ
レモン
ゴヨウ
ブラックローズ
マーシャル
ギシルノ
ディサイシブ
アイドラ
デスドラ




今回のガンスでわりと安定して勝てているデッキの素材を置いておきます。
リベンジャーやディアボを入れないと8が出しにくいので、
これらを入れてもいいし、もう少し5と6で固めてもいいかもしれません。






アイドラガンス その1 光スキドレ

wamow.jpg


サイドラx2
エアー
アナザーx3
バルバx3
ライオウx3
オネストx2
クルエン

サイク
増援
聖杯
デュアスパx3

神宣
ミラフォ
激流
弾圧
奈落x2
ダスト
スキドレx2
天罰
賄賂x3
幽閉x3
ヒロブラx2
トラスタ






今回のガンスでわりと安定して勝てているデッキの素材を置いておきます。
当たり運にもよりますが、使っているデッキの中では一番安定して勝てるなと思いました。





【パーデクオンライン】 トライアル&ガンス用 パーデク 最終更新完了


sdff.jpg


ハープ
ハッピーラヴァーx3(代用カード:命の砂時計、神聖なる球体)
ヂュミナス(ハープ切って2でもOK)
スモークボールx3
ソニックバードx2
マンジュx3
フレイヤ
オネストx2
クリスティアx3
パーデクx3

大嵐
成金x3
団結
量産x3
リチュアルウェポンx2
高等
準備x3
宣告者の預言x2

無謀x2





 シングルイベント用はコレでほとんど完成形なので、コピー使用しても問題ありません。
ダークガイアは戦績に傷がつくから嫌だという人にオススメです。

シングルデュエルにおいてトップクラスの勝率を叩き出してくれます。
シングルほどでないにせよ、マッチでも案外やれます。




プレイング


効率の良い圧縮をするために成金ゴブリンや無謀な欲張りを使う時は、
基本的には必ずサーチカードを使い終わってから使うようにしたいです。

つまり、儀式の準備、儀式サーチャーでサーチし終わった後に、
成金ゴブリン、無謀な欲張りを発動します。サーチカードではないですが、高等儀式術も同様です。

先にドローカードを使う例外は、儀式魔法を使用していなく、且つ手札に儀式魔法が無い時に、
回収効果狙いで儀式の準備を温存したりする時などです。



高等儀式術で天使バニラを落とすパターンは


★1のスモークボール2体+★2の天使2体=合計★6
★1のスモークボール2体+★4の天使1体=合計★6
★2の天使1体+★4の天使1体=合計★6



一番上の選択肢は墓地に天使を4体送れるのでクリスティアをそのまま出せます。
二番目は1枚無効にすれば墓地の天使が4体になるので奈落などの伏せが気になる時など。
三番目はクリスティアがなくてハープやジュミナスを手札に加えたい時。2回目以降使用時。


基本は一番上ですが、場合によって二番目三番目を使うように調整できれば勝率も上がります。
デュエルログを見ているとこの辺ミスってる人が多いので大きな差を付けられます。



無効にするカードを選ぶプレイングは、実戦をこなせば自然と身に付くためここでは触れません。



速度が出る構築にすればトライアルでも使えます。
リチュアル3が良かったのですが、死霊対策に団結を1枚入れています。

《魂(たましい)を削(けず)る死霊(しりょう)/Spirit Reaper》 †

効果モンスター(準制限カード)
星3/闇属性/アンデット族/攻 300/守 200
このカードは戦闘では破壊されない。
このカードが魔法・罠・効果モンスターの効果の対象になった時、
このカードを破壊する。
このカードが直接攻撃によって相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
相手の手札をランダムに1枚捨てる。


>このカードが魔法・罠・効果モンスターの効果の対象になった時、
このカードを破壊する。

団結を装備してやれば破壊できます。

事故率は増しますが、サクリファイスでも良いと思います。
トライで死霊に当たったら、対策を引くまで待つよりサレンダーして次へ行ったほうが無難です。


ミラー対決では先出しじゃんけんで勝敗が決まるので、
成金ゴブリン3枚と、無謀な欲張り2枚は必須カードです。


とりあえずトライアル初日に触りだけやって、約1時間半で10勝1敗です。
シングルイベントに限っての話なら、無効にするべきカードを取捨選択できれば、
勝率70%を割ることはまずないでしょう。

勝率、速度共に申し分なく、次回のガンスでも中継用のデッキとして機能しそうです。
もちろん、通して使っても普通に7連ぐらいならできそうです。

1敗は相手が初手に剣闘獣の戦車と魔宮の賄賂を握っていたため負けました。




追記



トライアル戦績 36勝5敗(勝率88%) 
ミラー、剣闘獣以外のデッキに全勝。



インフェルニティをかなり見かけますが、
こちらの手札がひどい事故にならない限り負ける要素はないです。
先行でパーデクを出せずに後攻を渡したときに1キルされるぐらい。




トライアル用 ダークガイア

wagaia.jpg


マグネットバルキリオンx3
ゴーズ
トーチゴーレムx3
ガイアプレートx3
マスクドヘルレイザーx3(溶岩魔人ラヴァゴーレム)

巨大化
手札抹殺
大嵐
成金x3
サイク
ハリケーン
ポルターガイスト
トライスx3
トレイン
ダークフュージョンx3
ダークコーリングx2
アムホx3
誘惑
無の煉獄x3

無謀x2


エクストラ


ダークガイアx3





シングルイベント用はコレでほとんど完成形なので、コピー使用しても問題ありません。
環境によってはポルター、手札抹殺を抜いて断殺を入れてください。


プレイング


単にダークガイアを召喚し、装備魔法を付けて殴れば勝てる
デッキなのでプレイングは無きに等しいです。

オネスト警戒や、アーマードウィングなどがいる時に、
トーチゴーレムを特殊召喚して殴るくらいですかね?



デッキ構築


4000の悪魔族はトレイン非対応だし、採用しなくてもオーバーキルもいいとこなので、
自分はトレードイン1のためだけにゴーズは除き★8のモンスターだけで固めています。




勝率はパーデクに比べてこちらのほうが低いです。
パーデク相手にはかなり分が悪いのも勝率を下げている原因の一つです。
それでも、勝ち数はパーデクよりも多く稼げます。


TPランク上位狙いの方はもちろん、トライアル30勝でもらえる称号
「アルティメットエキスパート」が欲しい方はこのデッキを使えば楽に取れます。






パーデク弱点カード



《剣闘獣の戦車(グラディアルビースト・チャリオット)/Gladiator Beast War Chariot》 †

カウンター罠
自分フィールド上に「剣闘獣」と名のついたモンスターが
表側表示で存在する場合に発動する事ができる。
効果モンスターの効果の発動を無効にし破壊する。


《天罰(てんばつ)/Divine Wrath》 †

カウンター罠
手札を1枚捨てて発動する。
効果モンスターの効果の発動を無効にし破壊する。


パーデクデッキが最大の天敵とするカードです。
スペルスピードの関係でカウンター罠をモンスター効果で無効にできません。


天罰はメイン採用しにくいカードではありますが、戦車は剣闘獣必須カードですね。
パーデクの使用率が上がるイコール剣闘獣が再び増えることの同義となります。




《ヒーローズルール2/Hero's Rule 2》 †

カウンター罠
墓地のカードを対象とする効果モンスターの効果・魔法・罠カードの
発動を無効にし破壊する。



カウンター罠なのでパーデク召喚後でも発動できます。
これを使えば、相手がコストで捨てる天使族カードの回収を防いで息切れを狙えます。
インフェルニティにももちろん刺さるので今熱いカードです。


《ライオウ/Thunder King Rai-Oh》 †

効果モンスター
星4/光属性/雷族/攻1900/守 800
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
お互いにドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事はできない。
また、自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地に送る事で、
相手モンスター1体の特殊召喚を無効にし破壊する。



パーデクの特殊召喚自体は無効にできませんが、サーチを封じることができるので安定度を落とせます。



《コアキメイル・デビル/Koa'ki Meiru Doom》 †

効果モンスター
星3/風属性/悪魔族/攻1700/守 800
このカードのコントローラーは自分のエンドフェイズ毎に
手札から「コアキメイルの鋼核」1枚を墓地へ送るか、
手札の悪魔族モンスター1体を相手に見せる。
または、どちらも行わずにこのカードを破壊する。
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
メインフェイズ時に発動する光属性及び
闇属性の効果モンスターの効果は無効化される。


《閃光(せんこう)の追放者(ついほうしゃ)/Banisher of the Radiance》 †

効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻1600/守 0
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
墓地へ送られるカードは墓地へは行かずゲームから除外される。



永続効果を持つモンスターに対しては神光の宣告者では無効にできません。


これらを出してから除去及びバウンスカードを使うと、
前者は光属性の効果を封じれるので除去可能、
後者は墓地に送ることができないので除去可能となります。



閃光の追放者はインフェルニティも対策できるのでオススメです。





《スキルドレイン/Skill Drain》 †

永続罠
1000ライフポイントを払って発動する。
このカードがフィールド上に存在する限り、
フィールド上に表側表示で存在する効果モンスターの効果は無効化される。

《王宮(おうきゅう)の弾圧(だんあつ)/Royal Oppression》 †

永続罠(制限カード)
800ライフポイントを払う事で、
モンスターの特殊召喚及び、モンスターの特殊召喚を含む効果を無効にし破壊する。
この効果は相手プレイヤーも使用する事ができる。

《マクロコスモス/Macro Cosmos》 †

永続罠
自分の手札またはデッキから「原始太陽ヘリオス」1体を特殊召喚する事ができる。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、
墓地へ送られるカードは墓地へは行かずゲームから除外される。

《次元(じげん)の裂(さ)け目(め)/Dimensional Fissure》 †

永続魔法
墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かずゲームから除外される。



《閃光(せんこう)を吸(す)い込(こ)むマジック・ミラー/Light-Imprisoning Mirror》 †

永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、
墓地またはフィールド上で発動した光属性モンスターの効果を無効にする。




これらのカードを召喚前に発動されるとどうしようもないです。
発動されたらサイクロンや、サンブレで破壊しましょう。




《魂(たましい)を削(けず)る死霊(しりょう)/Spirit Reaper》 †

効果モンスター(準制限カード)
星3/闇属性/アンデット族/攻 300/守 200
このカードは戦闘では破壊されない。
このカードが魔法・罠・効果モンスターの効果の対象になった時、
このカードを破壊する。
このカードが直接攻撃によって相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
相手の手札をランダムに1枚捨てる。



マシュマロン等は効果が発動するので問題なく無効にし破壊できますが、
このカードはハンデス効果を使ってこない限りは破壊できません。
対策カードが1枚も入っていない場合は、圧縮カードの枚数差でパーデク側がデッキ切れで負けてしまいます。

相手のデッキにこのカードが入っている場合は長期戦を強いられます。
クリスティアが横にいると、朱光からのシンクロでも対応できません。
普通に入っているカードでもあるので、対策カードとしてサンブレなどを入れましょう。





《魔知(まち)ガエル/Dupe Frog》 †

効果モンスター
星2/水属性/水族/攻 100/守2000
このカードのカード名は、フィールド上に
表側表示で存在する限り「デスガエル」として扱う。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は他のモンスターを攻撃対象に選択できない。
このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、
自分のデッキ・墓地から「魔知ガエル」以外の「ガエル」と名のついた
モンスター1体を手札に加える事ができる。

《切(き)り込(こ)み隊長(たいちょう)/Marauding Captain》 †

効果モンスター
星3/地属性/戦士族/攻1200/守 400
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は表側表示で存在する他の戦士族モンスターを攻撃対象に選択する事はできない。
このカードが召喚に成功した時、手札からレベル4以下のモンスター1体を
特殊召喚する事ができる。

《コマンド・ナイト/Command Knight》 †

効果モンスター
星4/炎属性/戦士族/攻1200/守1900
自分のフィールド上に他のモンスターが存在する限り、
相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、
自分の戦士族モンスターの攻撃力は400ポイントアップする。



二体以上並べば死霊と同じです。



《天空聖者(エンジェルセイント)メルティウス/Meltiel, Sage of the Sky》 †1

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1600/守1200
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
カウンター罠が発動される度に自分は1000ライフポイント回復する。
さらに、フィールド上に「天空の聖域」が表側表示で存在する場合、
相手フィールド上に存在するカード1枚を破壊する。



永続効果及びチェーンブロックを作りません。天使パーミに入れてもいいかも。



《スキル・サクセサー/Skill Successor》 †

通常罠
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
このターンのエンドフェイズ時まで、
選択したモンスターの攻撃力は400ポイントアップする。
また、墓地に存在するこのカードをゲームから除外する事で、
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体の
攻撃力はこのターンのエンドフェイズ時まで800ポイントアップする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動する事ができず、
自分のターンのみ発動する事ができる。



墓地で発動する魔法・罠カードの効果は無効にできないので戦闘破壊できるチャンスがあります。
ライトロードなどの墓地肥やしがしやすいデッキに入れてもみてもいいかも。



《溶岩魔神(ようがんまじん)ラヴァ・ゴーレム/Lava Golem》 †

効果モンスター
星8/炎属性/悪魔族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
相手フィールド上に存在するモンスター2体をリリースし、
手札から相手フィールド上に特殊召喚する。
自分のスタンバイフェイズ毎に、自分は1000ポイントダメージを受ける。
このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。


《ヴォルカニック・クイーン/Volcanic Queen》 †

効果モンスター
星6/炎属性/炎族/攻2500/守1200
このカードを手札から出す場合、相手フィールド上のモンスター1体を生け贄に捧げて
相手フィールド上に特殊召喚しなければならない。
1ターンに1度自分フィールド上に存在するこのカード以外のカードを1枚墓地に送る事で、
相手ライフに1000ポイントダメージを与える。
また、自分のエンドフェイズ毎にこのカード以外のモンスター1体を生け贄に捧げなければ、
このカードのコントローラーは1000ポイントダメージを受ける。
このカードを特殊召喚する場合、このターン通常召喚できない。


《D-HERO(デステニーヒーロー) Bloo-D(ブルーディー)/Destiny Hero - Plasma》 †

効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻1900/守 600
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に存在するモンスター3体を
生け贄に捧げた場合のみ特殊召喚する事ができる。
相手モンスター1体を指定してこのカードに装備する
(この効果は1ターンに1度しか使用できず、
同時に装備できるモンスターは1体のみ)。
このカードの攻撃力は、装備したモンスターの攻撃力の半分の数値分アップする。
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
相手フィールド上に表側表示で存在する効果モンスターは全て効果が無効化される。



コントロール系のデッキを使っている人はこれらのカードで対処しやすいと思います。
クリスティアも一緒に出てきたらどうしようもありませんが。



《The splendid VENUS(ザ・スプレンディッド・ヴィーナス)/Splendid Venus》 †

効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2800/守2400
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
フィールド上に表側表示で存在する天使族以外の全てのモンスターの
攻撃力と守備力は500ポイントダウンする。
また、自分がコントロールする魔法・罠カードの発動と効果は無効化されない。

《エンジェルO7(オーセブン)/Angel O7》 †

効果モンスター
星7/光属性/天使族/攻2500/守1500
このカードの生け贄召喚に成功した時、
このカードは以下の効果を得る。
●このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
効果モンスターは効果を発動できない。



クリスティアも含め、ヴァルハラ型の天使で先出ししておくだけで対策になります。
あとは相手のクリスティアの存在と、戦闘突破できるかが問題ですね。




クリッターorゴブゾンリリース→帝召喚


これもいけます。




《歯車街(ギア・タウン)/Geartown》 †

フィールド魔法
「アンティーク・ギア」と名のついたモンスターを召喚する場合に
必要なリリースを1体少なくする事ができる。
このカードが破壊され墓地に送られた時、自分の手札・デッキ・墓地から
「アンティーク・ギア」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。



1枚目をセットで伏せ→2枚目をセットで1枚目を破壊→墓地で発動する効果なので発動ではない。
これもクリスティアがいないこと前提ですが単体で戦闘破壊を狙えます。



《超融合(ちょうゆうごう)/Super Polymerization》 †

速攻魔法
手札を1枚捨てる。
自分または相手フィールド上から融合モンスターカードに
よって決められたモンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体を融合デッキから特殊召喚する。
このカードの発動に対して、魔法・罠・効果モンスターの効果を発動する事はできない。
(この特殊召喚は融合召喚扱いとする)




効果モンスターの効果を発動する事ができません。パーデクも例外ではないです。




《E・HERO(エレメンタルヒーロー) The(ザ) シャイニング/Elemental Hero The Shining》 †

融合・効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻2600/守2100
「E・HERO」と名のついたモンスター+光属性モンスター
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカードの攻撃力は、ゲームから除外されている
自分の「E・HERO」と名のついたモンスターの数×300ポイントアップする。
このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、
ゲームから除外されている自分の「E・HERO」と名のついた
モンスターを2体まで選択し、手札に加える事ができる。



この融合モンスターカードが出れば超融合をパーデクに対して使えます。クリスティ(以下略





ほどんどのカードが、クリスティア不在でパーデク単騎でいるのが前提になっていますね。
パーデクよりも、クリスティアのほうが厄介なのかもしれません。





《神(かみ)の警告(けいこく)/Solemn Warning》 †

カウンター罠(準制限カード)
2000ライフポイントを払って発動する。
モンスターを特殊召喚する効果を含む効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動、
モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚のどれか1つを無効にし破壊する。




このカードが出てくれればパーデクは大幅に弱くなります。




《混沌の落とし穴(カオス・ホール)/Chaos Trap Hole》 †

カウンター罠
2000ライフポイントを払って発動する。
光属性及び闇属性モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚を無効にし
ゲームから除外する。



今回のノーマルレア。警告出るまでは混沌の落とし穴でガマン。
ライフコストが重いわりには限定的な効果ですが、インフェルニティやBFにも対応しています。




《地球巨人(ちきゅうきょじん) ガイア・プレート/Gaia Plate the Earth Giant》 †

効果モンスター
星8/地属性/岩石族/攻2800/守1000
このカードは自分の墓地の岩石族モンスター2体を
ゲームから除外して特殊召喚する事ができる。
このカードと戦闘を行う相手モンスターの攻撃力・守備力を半分にする。
自分のスタンバイフェイズ時に自分の墓地の岩石族モンスター1体を
ゲームから除外する。除外しない場合、このカードを墓地へ送る。



オネストキラーでもあるこのカードでも戦闘破壊できますが、まともに採用するのはダークガイアくらい。
維持コストもあるので、このカードで戦闘破壊したからといって、
クリスティア、オネスト搭載のパーデクに勝てるほど甘くありません。


《魔法族(まほうぞく)の里(さと)/Secret Village of the Spellcasters》 †

フィールド魔法
自分フィールド上にのみ魔法使い族モンスターが存在する場合、
相手は魔法カードを発動する事ができない。
自分フィールド上に魔法使い族モンスターが存在しない場合、
自分は魔法カードを発動することができない。


《ナチュル・ビースト/Naturia Beast》 †

シンクロ・効果モンスター
星5/地属性/獣族/攻2200/守1700
地属性チューナー+チューナー以外の地属性モンスター1体以上
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
自分のデッキの上からカードを2枚墓地に送る事で、
魔法カードの発動を無効にし破壊する。


《マジック・キャンセラー/Spell Canceller》 †

効果モンスター
星5/風属性/機械族/攻1800/守1600
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り魔法カードは発動できず、
全てのフィールド上魔法カードの効果は無効になる。



儀式魔法を封殺できます。



記事内検索
カテゴリ
新着順
大会戦績


第1回
sue14
&mitimiti

第2回
PenPePen

第3回
LEVIA

第4回
DoubleCast
&lawsuit

第5回
  INTduRYO

第6回
wilknife

第7回
ARUKANA21

第8回
   eirtracks

第9回
  seriru

第10回
AnimeloMix
&soruteli

第11回
LEVIA

第12回
Allu

第13回
NextWorld

第14回
mao88

第15回
tekachuOnline

第16回
SeeeeAMO

第17回
AnimeloMix

第18回
silverzombie

第19回
RoyalCrystal

LINK(リンクフリー)

nicoret

Author:nicoret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。